買取の基礎知識

主婦が不用品を売るか捨てるかで悩んだ時どっちにするかを決める基準

不用品は売る 捨てる どっち

部屋を片づけて出てきた大量の不用品は、売るのと捨てるのと、どっちがいいのでしょう?

管理人ななお
管理人ななお
オークションやフリマアプリで売ると・・・

写真を撮ったり、購入者さんとやり取りをしたり、梱包の準備や発送の手配など。

手間と時間がかかるから、初心者には難しそうだし、面倒くさそう。

管理人ななお
管理人ななお
リサイクルショップで売ると・・・

自分が不要だと思った物を買取してくれるだろうか。

もし買取ってもらえたとしても、どうせ二束三文じゃないかな?

なんて考えると、売るより捨てた方が手っ取り早く処分できそうですよね?

管理人ななお
管理人ななお
でも!捨てると決めても・・・

いざ捨てようとするともったいなくて捨てれない・・・

劣化しているモノならともかく、使えるモノを捨てたら、バチがあたりそうじゃないですか?

せっかく「いるもの」と「いらないもの」で分類したのに、処分方法に迷ってしまうと、家の中から物が減らないから、片づけているのに、物が減らなかったりします・・・

管理人ななお
管理人ななお
私は、捨てる、売る、どちらも経験して、今では不用品の処分に悩んで物が減らない・・・と悩むことがなくなりました。
私の「捨てる」「売る」の判断基準はこちら!

売れそうなものは、売る。

そして、売れそうにないもの(100円でも誰も買わないと思うもの)は、譲るか捨てるようにしています。

不用品を売る理由

なぜ売るのかというと、ゴミとして捨てるより売る方が簡単。

手っ取り早く家の中が片づいていくからです。

しかも不用品がお金になり、まさに一石二鳥なのです~!

\そこで今回の記事では/

  • 片づけで出た不用品を売るか捨てるかで迷ったときの対処法
  • 不用品を捨てるメリット、デメリット
  • 不用品を売る方法
  • 不用品を売るメリット、デメリット
  • 不用品は捨てるより売るのがおすすめな理由
  • 不用品で売れるモノの特徴

をお伝えします。

ぜひ最後まで読んで、売ることに挑戦してみてください(*´∇`*)

この記事がおすすめの方
  • 不用品を売ってみたいけど、売れるかどうか不安
  • いくら不要でも、使えるものを捨てるのは、もったいない
  • 売れたら嬉しいけど、フリマアプリやオークションは面倒。やる気が起こらない
  • せっかく部屋を片付けても、捨てられないから物が減らない
  • 不用品の処分方法に悩んでいる
  • 物を減らしたい、家の中をすっきりさせたい!
家の中にある売れるもの


楽天スーパーセール 12/4(土)20:00 ~12/11 1:59まで開催中♪

準備するだけでポイントがザクザクたまる情報はこちら

楽天スーパーセール会場へはこちらからどうぞ!

不用品は売る?捨てる?どっちにするかを決める基準

不用品は捨てる・売る・どっち

あなたが部屋を片付けている目的は、不要なモノを家の中から出すこと。

物を減らすことで、家の中をスッキリさせることですよね?

極論を言ってしまえば、売っても捨てても、どちらでもOK。
正解も不正解もありません。

あなたが手放しやすい方法で処分しましょう

売るのは面倒だから、手っ取り早く処分したいなら、捨てればOK

ただ、もしかしたらお金になるかもしれないから、売ってみたい・・・!

モノを捨てるという罪悪感から少しでも逃れたい・・・というあなたは、一度「売る」という体験をしてみましょう~!

「捨てる」「売る」

両方を経験してみれば、手放しやすい方法が分かります(*´∇`*)

とはいっても、売って手放すとなるとハードルが高いですよね。

私もそう思っていたんですが、実際にやってみると不用品は捨てるより売る方が簡単でした。

管理人ななお
管理人ななお
捨てるか売るかで迷ったら、売ってみよう!

不用品を捨てるメリット・デメリット

私が実際に不用品をゴミとして処分してかんじた、メリットとデメリットを紹介します。

捨てるメリット

捨てるメリット

不用品を捨てるメリットは、手順が簡単なことです。

  1. 要らないと判断したモノを分別して、ゴミ袋に入れる
  2. ゴミの日に集積場に持って行く

今までやったことがあることなので、難なくできますよね。

精神的なハードルは高いですが、やることはいたって簡単なので、捨てると覚悟を決めたら手っ取り早く不用品を処分できます。

ゴミ袋の山が減るたびに、部屋の中が片づいて心もスッキリしますよ(*´∇`*)

管理人ななお
管理人ななお
捨てると決意できたら、捨てるだけなのでサクサク進みます。

捨てるデメリット

捨てるデメリット

不用品をゴミとして捨てるデメリットはこちら!

  1. ゴミの日まで、自宅で保管することになる
  2. ゴミとして処分すると、費用がかかる
  3. 価値があるものでも、捨てたら1円にもならない
  4. 人形やぬいぐるみなどは捨てづらく、罪悪感にさいなまれる
  5. 集積場まで自分で運ばなければいけない
  6. 捨て方が分からないと放置しがち

自宅で保管することになる

当然のことながら、ゴミの日は決まっていますよね?

指定された日まで自宅に放置しておかなくてはいけません。思い立った時に捨てることができないことがネックです~。

私が住んでいる地域では、燃えないゴミの日は月に1回。

粗大ゴミは年に2回しか回収してもらえないので、それまで自宅で保管することになります。

家の外で保管することができればいいですが、外で保管することができなければ、家の中におきっぱなしに。

家の外に出すことができなければ、モノが減らないので、手間と時間をかけて片付けても、部屋が片付いた気になりません。

ゴミの処分料が必要となる

捨てるとなると、処分料が発生します。

不要な物が多ければ多いぶん、ドンドンお金がかさむことに。

冷蔵庫や洗濯機といった大型家電を処分するときには、リサイクル料も必要です。

体験談

我が家は建替え引っ越しをした時に、実家の母屋にためこんでいた不用品をいっさいがっさい捨てました。

なんでゴミを捨てるために、こんなにお金をかけなくちゃいけないんだろう?と思うと、なんでこんなにいらないモノを買いこんでしまったんだろう?と、自分を責めてどんどん暗い気持ちに。ネガティブになりました。

価値があるものでも、捨てたら1円にもならない

捨てるにはお金がかかる

捨ててしまえば「高かったもの」「価値のあるもの」でも、1円にもなりません。

が、売ってみると「そんなに高く売れないでしょ?」と思う物でも、予想以上の買取額がつくこともあります!

体験談

私は「売ることは捨てるより面倒なこと」だと思い込んでいたので、売ることに時間をかけるより、捨ててしまいたい。

早く家の中を片付けたいという気持ちが強かったので、ほとんどの物を友達に譲ったり、捨ててしまいました。

物が減って部屋にも気持ちにも余裕が出てきたころ、宅配買取をしてみたところ、なんと本が1冊が1385円で売れたという経験をしたのです~!

そんな経験をしてしまったので、「もしかしたら今まで処分してきたものの中にも、高額で売れるものがあったのでは?お宝があったかもしれない~!!!」と、いまだに後悔しています。

罪悪感にさいなまれる

捨てると罪悪感がある

不要だと判断したものでも、いざ捨てるとなると、モノに対して申し訳ない気持ちがじわじわと湧いてきます。

さらにそれが、ぬいぐるみや人形だったら、バチがあたるような気持ちすらしてしまうんですよね。

愛着や思い入れがあればあるほど、罪悪感にさいなまれます。

体験談

子供が成長して遊ばなくなったぽぽちゃんの人形を、捨てようと思った時には、「ゴミ袋へ入れる、ゴミ袋から出す」を何度も繰り返しました。

捨てようとすると、ぽぽちゃんをぎゅっと抱きしめていた子供の笑顔が浮かんでしまうんです。

ゴミ袋に入れるなんて、可哀相だと思ったし、ぽぽちゃんに恨まれそうな気がして。

でも、もう子供達は遊ばないし・・・と、葛藤のうえ、ぽぽちゃんの目をタオルで隠して、白い袋に入れて、塩を振って清めた後、ゴミ袋にいれました。

楽しい思い出をありがとうという気持ちを込めて。

罪悪感をかんじる経験をすると、買う時に捨てることを考えてむやみやたらに買わないようになるので、罪悪感を受け止めることも大切なことだと思います。

集積場まで運ばなければいけない

ゴミは集積場まで運ばなければいけません。

不用品が、軽いモノだったり、少なければ、運ぶのも手間ではありません。

でも、100冊以上の本だったり、10袋以上など大量だったりすると、主婦1人では、集積場までですら重くて大変です~。

体験談

家族に手伝ってもらえたのでよかったのですが、壊したカラーボックスやローボード、敷き布団を運んだときは、汗だくになりました。

管理人ななお
管理人ななお
チリも積もれば山となる!
ゴミは重い・・・

捨て方が分からないと放置しがち

普段あまり捨てないようなものは、捨て方が分からないものがあります。

例えば、ベットやソファー。
どうやって処分したらいいんでしょう?

パソコンやスマホ。
中のデータをどうやって削除すればいいでしょう?

ぱっと思いつきますか?

捨て方が分かればすぐにゴミとして捨てれるものでも、捨て方が分からないとつい後回しにして放置しがちになります。

体験談

ベッドを処分するときには困りました・・・。

私が住んでいる地域では、スプリングマットレスの回収をしてくれなかったのです。

いたしかなたく、不用品回収業者に依頼しましたが、1万円かかりました。

不用品を売る方法

不用品を売るメリット、デメリットをご紹介する前に、不用品を売る方法をお伝えします(*´∇`*)

不用品を売る方法は、大きく分けて2つ。

  • 個人間で売る(フリマアプリ、メルカリなど)
  • 買取業者に売る(店頭買取、出張買取、宅配買取)

私がおすすめしたいのは「買取業者に売る方法」

なぜなら個人に売る方法だと、写真を撮ったり、梱包の準備や発送の手配する必要があります。

時間や手間がかかって面倒な上に、どんな人かも分からない人と取引をするため、トラブルが発生するリスクもあるからです。

部屋を手っ取り早く片付けるために、不用品処分したいなら、断然「買取業者」に売るのがおすすめです。

お店に売る方法であれば、写真を撮ったり、購入者さんとのやり取する必要がありません。

また優良店や実店舗のあるお店を選べば、トラブルを回避することができて、ノンストレスだからです。

管理人ななお
管理人ななお
この中で私が一番利用しているのが「宅配買取」です。

不用品を売るメリット

不用品を売るメリット

不用品を売るメリットを紹介します。

  • 好きな日時(タイミング)で買取してもらえる
  • 出張買取、宅配買取を利用すれば、重たい荷物を運ぶ必要がない
  • 費用が発生しないお店を選べば費用0円
  • 現金化できる
  • 自分で処分しなくても済むので、罪悪感が軽減できる

好きな日時(タイミング)で買取してもらえる

業者に売るなら、処分したいとき(手放す気持ちになったとき)に、買取してもらえます。

家電などすぐに処分できないものでも、都合のよいタイミングで手放すことができます(*´∇`*)

管理人ななお
管理人ななお
ゴミの回収日まで、自宅で保管する必要がありません。

重たい荷物を運ぶ必要がない

業者に売る場合は、わざわざ重たい荷物や大量の荷物を店舗へ運ぶ必要がありません。

(もちろん、店舗に持っていっても買い取ってもらえます)

買取してもらいたいものが重たい時、大量にあるとき、大きいときは、玄関まで集荷してくれる「宅配買取」や自宅まで出張してくれる「出張買取」という方法を選ぶことで、あなたが荷物を運ぶ必要はなくなります~。

管理人ななお
管理人ななお
お店に売るなら、荷物の大きさや重さによって、買取方法を選ぶことができます

費用が発生しない業者を選べば費用0円

ゴミとして処分するとなると、費用がかかりますよね?

少なくともゴミ袋代が必要です。

ですが、お店に売れば実質無料で売ることができます~!

管理人ななお
管理人ななお
お店に荷物を宅配便で送ったり、わざわざ自宅まで出張してもらうと費用が高くつきそうで心配・・・

 
発送料、返送料、振込み手数料、査定料、全ての費用を負担してくれる業者があるんですよ。

管理人ななお
管理人ななお
全額負担してくれるお店を選べば、費用は0円。

費用が無料のお店に依頼すれば、絶対にマイナスになることはありません。

管理人ななお
管理人ななお
業者によっては、費用が必要なので、注意しよう!

体験談

査定で0円と評価されることがあります。(商品の価値として0円ということです)

また買った時の値段は高くても、たったこれだけ?という値段にしかならないこともあります。

私の場合は、成人式で着た振袖やバック、草履など小物一式で500円でした。

総額10万以上の着物(記憶では・・・)なので、がっかりしましたが、ゴミとして処分するとなったら、0円で処分できません・・・。

不用品を現金化できる

不用品を売るとお金になる

自分にとっては不要なものでも、売ればお金になります(*´∇`*)

再販できるものであれば、ほとんどのものが買い取ってもらえます。

まとめて出すと部屋が一気に片づき、予想以上の金額になるものもあり、一石二鳥で楽しいです。

(よほど汚れていて見た目が悪いものや壊れて劣化しているものは売れません)

自分で処分しなくても済むので、罪悪感が軽減できる

買取業者に売れば、自分で処分しなくてもすむので、罪悪感が軽減されます。

捨てるとなると、使えるものや新しいもの、まして高かったものをゴミにすることになります。

管理人ななお
管理人ななお
ゴミにするなんてもったいないという気持ちがムクムク湧いて手放す気持ちになれなれません。

 
でも、売るとなると、他の方のために役立ってくれるかな?大事に扱ってくれるかな?なんて想像して手放す気になります。

管理人ななお
管理人ななお
罪悪感が軽減されるのは大きいです

不用品を売るデメリット

不用品を売るデメリット

不用品を売るデメリットは、どの業者に不用品を売るのか検討する必要があり、買取業者を見極めないといけないと査定額が低すぎて損をしたり、トラブルに巻き込まれることがあります。

私は悪徳な宅配買取業者にひっかかったことはないのですが、業者選定に失敗してトラブルに巻き込まれたり、買取業者の取引条件を理解していないとだまされた!と思ってしまう事態が増えているそうです。

例えば

  • ウェブサイト上の目安の買い取り価格とかけ離れている
  • 査定結果を知らされず、非常に安い買い取り金額を振り込まれた
  • 価格がつかない商品は処分するという規約と言われた
  • 商品を紛失されたり汚損されたりする

引用元: 国民生活センターのレポート

管理人ななお
管理人ななお
このような被害にあわないポイントは2つ
トラブルから回避するポイント
  • 優良店・実店舗のあるお店を選ぶ
  • 買取店舗の取引条件を把握する

不用品を捨てる・売る、どっちもやってみた結果

簡単に捨てることができるものは、捨てればいい。

だけど、まだ使えるものだったり、売れそうなものは、捨てたら部屋がすっきりして片づくと分かっていても、なかなか捨てられないですよね。

私はこの捨てられないという期間が、2年もありました。

もしかしたら売れるかもしれないものを、捨てるなんてもったいないと思ってしまったからです。

この2年間考えていたことは・・・

売りたいけど、どうやって売ろう?

ヤフオクはフリマは、面倒だからイヤ。

リサイクルショップに持っていけばいいんだろうけど、こんな変な物を持ってきて・・・なんて、思われないかな。

悶々と考えた挙句考えることが面倒になり、捨てちゃいました!!

捨ててみた結果、捨てたことに後悔したことは一度もありません。

物が減ったことで、空間が蘇って、気持ちもすっきりしたからです。

ただ、実際に宅配買取をやってみたら、捨てるより簡単。

しかも思った以上の金額で買取してもらえたので、もっと早くから宅配買取をすればよかったと、後悔しています。

管理人ななお
管理人ななお
だから、売るから捨てるかを迷っているあなたには

早い段階で、捨てることも、売ることもどちらも体験していただきたいです。

捨てると罪悪感にさいなまれます。

売ると罪悪感が軽減されます。

でも売ってしまうと、そのものが、どんな風に誰の手に渡って、どのように扱われて、どうやって処分されるのか?

当然のことながら分からないのです。

結末を見届けることができない・・・というか、結末を見届けることを放棄したことになります。

自分で最後を見届けてあげることがいいのか。それとも、第二の人生を歩ませてあげたほうがいいのか。

どちらがいいのかは、私には分かりません。

でも、家の押入れの奥の方にしまいこんで、いつしか存在すら忘れてしまうくらいなら、売る・捨てる、どっちの選択を選んでもいいと思います。

管理人ななお
管理人ななお
あなたが手放しやすい方法で処分すればOKです。

さぁ、不用品を処分しよう~!

今回の記事では、不用品は売るか捨てるか?どっちがいいのか?私の考えをお伝えしました。

不用品を処分する目的

不用品を処分する目的は、部屋の中をすっきりさせることです!

「捨てる」「売る」。
どちらを選択しても部屋の中は片づいていきますよね?

だから、あなたが手放しやすい方でOK。迷い続けて放置の状態がダメなのです~。

売る、捨てる。
どちらも経験して、手放しやすいものから、手放しやすい方法で物を減らしていきましょう!

不用品を捨てるメリットデメリット

不用品を捨てるメリット

手順が簡単なこと

不用品を捨てるデメリット
  1. ゴミの日まで、自宅で保管することになる
  2. ゴミとして処分すると、費用がかかる
  3. 価値があるものでも、捨てたら1円にもならない
  4. 人形やぬいぐるみなどは捨てづらく、罪悪感にさいなまれる
  5. 集積場まで自分で運ばなければいけない
  6. 捨て方が分からないと放置しがち
捨てることがおすすめな方
  • 買取業者を選ぶことすら面倒
  • お金はいらない
  • 罪悪感を受け止めて自分で片をつけたい
  • ゴミの日まで、不用品を置いておくスペースがある
不用品を売るメリットデメリット

売るメリット
  1. 好きな日時(タイミング)で買取してもらえる
  2. 出張買取、宅配買取を利用すれば、重たい荷物を運ぶ必要がない
  3. 費用が発生しないお店を選べば費用0円
  4. 現金化できる
  5. 自分で処分しなくても済むので、罪悪感が軽減できる
  6. 部屋の不用品が一気に片づく
売るデメリット
  1. 不用品を売る業者を見極めて検討する必要がある
  2. 買取業者の取引条件を把握しないとトラブルの元になる
売ることがおすすめな方
  • 捨てるくらいなら売った方がマシ!1円でも買取してほしい
  • 大きすぎて運べないものを処分したい
  • 大量のもの、重たいものを処分したい
  • 今すぐ家にあるものを処分したい
  • 手っ取り早く効率的に家を片付けたい
スポンサーリンク
あなたにピッタリ「宅配買取店」診断

 宅配買取診断チャート

宅配買取店選びに迷ったら、以下のバナーから宅配買取店診断してみてください!