汚部屋の片付け、物の減らし方

ときめかない服ばかりのクローゼットを片づける3つのポイント!

ときめかない服ばかりのクローゼットを片づけるポイント

ときめかない服ばかりで、ときめく服がない。

ときめかない服を全部捨てたら、着る服がなくなってしまうから捨てられない

と悩んでいるあなたへ。

このページでは、ときめかない服ばかりの洋服を片づける3つのポイントをお伝えします。

実際に私は、この片づけ方で、ときめく服だけになり、朝のコーディネイトの時間が楽しくなりました☆

この3つのポイントをおさえれば、ときめかない服だらからのいって、全部捨てなくても大丈夫。

着る服にも困らずお金もかからないので、ぜひやってみてくださいね
 

 

ときめかない服ばかりのクローゼットを片づける3つのポイント

ときめかない服ばかりのクローゼットを片づけるポイントはつぎの3つです。

ポイント3つ
  1. 必要な数を考える
  2. 必要な数だけを残し、あとは手放す
  3. 残した服を着倒したら買い足す

分かりやすく説明していきますね(*´∇`*)

必要な数を考える

ときめかない服ばかりの片付け①

まずやることは、どれだけの洋服を残すかを考えることです。

でも一言で「洋服」といっても、トップス、ボトムス、アウター、下着など色々なアイテムがありますよね。

一気にやるのは大変なので、アイテムごとで、何着必要なのかを考えましょう~!

服の量が多いあなたは、トップスでもシーズンごとに何枚もあると思います。

その場合は・・・

トップス
  • 夏用の半袖・・・7
  • 春用の長袖・・・7
  • 秋冬用の長袖・・・7

といったように、さらに細分化して枚数を決めてみてください。

ボトムス
  • スカート・・・7
  • デニム・・・7
  • ワンピース・・・5
下着・靴下
  • ブラジャー・・・5
  • ショーツ・・・5
  • キャミソール・・・5
  • 夏用靴下・・・5
  • 夏用靴下・・・5
アウター
  • コート・・・2
  • ダウン・・・1

必要なアイテムや数は人それぞれ。

この数にしなくちゃダメというワケではありません~!

必要な数だけを残し、あとは手放す

ときめかない服ばかりの片付け②

アイテムごとに、何着必要なのか決めたら、その数まで減らすために、アイテムごとにランキングづけしましょう~!

例えば

夏用の半袖の服が、7枚必要なら、家の中にある半袖の服を全部引っ張り出してきましょう。

全部出したら、その中からベスト7位を選びます。

この7位までに選ばれた服は、あなたにとっては、どれもときめかない服かもしれません。

でも、少なからず7位以内の服は、8位以降の服よりもあなたにとって「良い服」ですよね。

着心地が良いのか、デザインが良いのか、メンテナンスが楽だから良いのか。

なにかしら「良い」から7位にランクインしたはずです(*´∇`*)

なので、まずは

7位にランクインした服を残して着る。

そして8位以降の服は潔く手放しましょう。

どうせ手放さなくても、普段着ている服は限られた同じ服だけです。

1つのアイテムが完了したら、他のアイテムもどんどんやっていきましょう!

ときめかない服の片づけ方
  1. 同じアイテムを全部引っ張り出す
  2. ランキングづけする
  3. ランク内の服を残す
  4. ランク外の服を手放す

同じことを繰り返すだけです。

これだけで、クローゼットの中がすっきり!

気持ちがよくなるはずですよ。

残した服を着倒したら買い足す

ときめかない服ばかりの片付け③
しばらくランクインした服だけで、着まわしてみましょう~!

あらかじめ必要な数を決めてから、服を手放したので、服が足りなくて困ることはないはず(*´∇`*)

当然、必要な数を少なく設定すると、着まわす頻度が高くなりますよね?

うっかりシミをつけてしまったり。

首元が伸びてしまったり、、、劣化します。

イヤでも劣化が早まります。

すぐに「十分に服代の元を取った!着倒した!ありがとう」というくらいの状態に。

着倒せば罪悪感なく捨てることができます。

そうなったら新しい服を買いましょう!

ときめく服だけを購入する3つのポイント

理想はクローゼットを開けると「ときめく服だけ」の状態!

そのためには「ときめく服だけ」を購入する必要があります

そのポイントは3つです。

ポイント3つ
  1. ときめく服の特徴を書き出す
  2. ときめかない服の特徴を書き出す
  3. ときめく服の特徴にマッチした服だけを買う

ときめく服の特徴を書き出す

ときめく服の特徴

まずは、あなたがときめく服の特徴を書き出してみましょう~!

とはいっても、きっと「ときめく服がどんな服なのか?」よく分からないから、クローゼットの中が、ときめかない服ばかり・・・なんですよね?

なので、アイテムごとにランクインした服の特徴を書き出してみましょう~。

「手持ちの服の中で、残すと決めた服の特徴」をピックアップする、ということです。

どんな些細なことでも、書いておくと後々役立ちます(*´∇`*)

ときめく服の特徴
  • 色は何色?
  • 丈の長さは?
  • 袖の長さは?
  • 素材は?
  • デザインは?
  • どこで買った?
  • いくらで買った?
  • 誰と買った?

少なくともこれくらいのことは、書き出しておきましょう。

ときめかない服の特徴を書き出す

ときめかない服の特徴

つぎに、あなたにとって、ときめかない服の特徴をアイテムごとに書き出していきましょう。

ときめかない服というのは、ランキング外だった服。

つまり手放した服はどんな服だったかを書き出していきます。

私のときめかない服の特徴は、次のような服です。

ときめかない服の特徴
  • イラストが入ったTシャツ
  • ボタンがついたトップス
  • パステル系の服
  • アイロンがけが必要な服
  • 襟がついたシャツ
  • チクチクして着心地が悪いニット
  • セールで買った服
  • ワゴンの中から選んだ服
  • 毛玉がついた服
  • 首元がヨレたシャツ
  • シミが落ちない服
  • お腹周りがカバーできないトップス

ときめかない服の特徴、つまり手放した服の特徴をメモしておくと、次のメリットがあります(*´∇`*)

書き出すメリット
  • 買い物の失敗が減る
  • 洋服を手放す基準が明確になる

ときめかない服の特徴を見て、条件が合致する服を買わないだけで、買い物の失敗が減ります。

また、ときめかない服の特徴を見れば、服を「捨てる」か「残す」か判断に迷ったときに参考になります。

ときめく服の特徴にマッチした服だけを買う

ときめく服だけを買う

洋服を購入する時には「ときめく服の特徴を書き出す」で書き出した洋服にマッチする服だけを買うようにしましょう~!

少なくとも「ときめかない服の特徴を書き出す」で書き出した洋服は、買っちゃダメです。

あえて冒険してみるという手もありますが、失敗する可能性が「大」。

せめてクローゼットの服がときめく服だけになるまでは、「ときめく服の特徴」にマッチする服だけを買うようにしましょうね。

ただし!

ときめく服の特徴は、ずっと全部同じかというと、そういうわけではありません。

年を重ねれば、趣味や志向が変ることもあるでしょうし、スタイルに変化があれば似合う服も変ってきます。

なので、衣替えのタイミングなどで、クローゼットの中にある服がどんな服なのか?

定期的に「ときめく服の特徴」と「ときめかない服の特徴」をアップデートしていくとよいですよ。

アップデートすることで、永久的にクローゼットの中がときめく服だけになっていきます。

ときめかない服は捨てるしかない?

ときめかない服は捨てるの?

たとえ、ときめかない服であっても、お金を出して買った服を、やすやすと捨てるのはもったいないですよね。

ボロボロの服は、資源回収に出すか捨てるしかありませんが、綺麗な状態の服は売ることを考えてみてください~!

ノーブランドの服やファストファッションの服は、出品代行サービスを使って、フリマアプリで売るのがおすすめ。

カジュアルブランド以上のブランド品なら、専門の買取店に宅配買取で買い取ってもらうのがおすすめです。

どちらもダンボールで送るだけなので、一気に部屋の中を片づけることができます。

ときめかない服ばかりの状態から脱出しよう

今回の記事では、

  • ときめかない服ばかりのクローゼットを片づけるポイント3つ
  • ときめく服だけを購入するポイント3つ

をお伝えしました。

◆ときめかない服を片づけるポイント

  1. 必要な数を考える
  2. 必要な服数だけを残し、あとは手放す
  3. 残した服を着倒したら買い足す

◆ときめく服だけを購入するポイント

  1. ときめく服の特徴を書き出す
  2. ときめかない服の特徴を書き出す
  3. ときめく服の特にマッチした服だけを買う

この6つのポイントをおさえると、必然的にクローゼットの中がときめく服だけになっていきます(*´∇`*)

ときめかない服ばかりで片づけに悩んでいるあなたは、ぜひやってみてくださいね。
 

 

あなたの汚部屋レベルを診断するチャート

汚部屋レベル診断できるチャート
 
片づけが苦手な主婦のあなたは、以下のバナーから汚部屋レベルを診断してみてください!
 
あなたの汚部屋レベルにぴったりの片付けプログラムをご提案しています(*´∇`*)